MENU

長春毛精は生薬がキーとなる

多くの和漢生薬が配合されている長春毛精ですが一体どのようなものなのでしょうか?

 

抜け毛を予防して、健康な発毛環境を作るためのキーとなる生薬にはどんなものが配合されているか
また、その働きについてご紹介します。

長春毛精に配合されている生薬とは?

長春毛精に配合されてる12種類の生薬のイラストイメージ

医薬部外品として作られた長春毛精は和漢生薬が配合されている事で効果が高いと言われています。

 

配合されている生薬は、次のようなものです。

 

甘草、ヒノキ、シャクヤク、アロエ、ショウキョウ、大豆たんぱく質、トウキ、オタネニンジン、ヘチマ、ベニバナ、ヨモギ、コメ胚芽油の12種類です。

 

これらの和漢生薬が頭皮の血行を良くしたり頭皮環境を改善し育毛促進します。

 

このようなたくさんの生薬が入っている育毛剤は他に見当たらないでしょう。

 

育毛サロンが漢方の専門家と一緒に共同開発した育毛剤だから実現している成分なんです。

 

実際、長春毛精を使っている人は和漢生薬の効果に驚かれています。

 

頭皮の不快な症状を抑え、肌に優しく、髪がだんだん元気になるのがわかるそうです。
和漢生薬がしっかり配合されている長春毛精なら弱った髪も健やかになるでしょう。


12種類の生薬の頭皮や毛根への働きについて

長春毛精には12種類の生薬が配合されていますがどのいった働きがあるのでしょうか?

 

まず、甘草は、
育毛剤にもよく使われる成分でフケやかゆみを抑える消炎作用があるとされています。

 

ヒノキは、殺菌作用を始め消炎作用、抗菌作用、皮膚に浸透する働きが優れていて育毛剤には最適でしょう。

 

ショウキョウは生姜の事で、
血行促進や保湿効果、抗菌作用も期待できます。

 

トウキは、保湿効果を始め、血行促進、抗炎症作用、抗アレルギー作用もあると言われているのです。

 

ベニバナは、血流改善に効果的で頭皮の血行促進にも有効でしょう。

 

このように、頭皮や育毛に最適で体にも優しい12の和漢生薬が長春毛精には配合されているのです。
しっかりと頭皮環境を改善し、きちんと育毛したいという方に長春毛精は良いと言えます。

 

最先端医療の中でも東洋医学である漢方が見直されてきています。
育毛剤の中でも長春毛精は漢方生薬に着目し女性用育毛剤として選ばれているのです。